FC2ブログ
プロフィール

naokita

Author:naokita

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

  

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

こんなん撮ってます
野鳥写真をメインにして、ネイチャーフォトを撮ってます。
2002年(セイタカシギ)
またまたネタがなくなってきて2002年シリーズの再開です。(^_^;)
毎年この時期になると撮る鳥がいなくて困ってしまいます。
とくに今年はどうしようもありません。ここ最近の鳥撮りといえば・・・! 唸ってみても思い出せない。それくらい鳥を撮っていない。
マクロという逃げ道を見つけてしまったのが原因なんでしょうか。
2002年シリーズ再開の言い訳はそれくらいにして。(^^ゞ
このセイタカシギは2002年7月20日撮影となっています。4年前の一昨日ですね。ということは、鳥がいないなんて愚痴をこぼさず頑張って撮っていたんです。この愚痴も年のせいかな~。


こちらは一時期話題になったエリグロ・・・というセイタカシギ。今、どうしているのでしょうか??
060722_2.jpg


古道の池(ハス&ショウジョウトンボ)
一昨年世界遺産に登録された熊野古道伊勢路のツツラド峠上り口にハスやスイレンが植えられている人工池があります。
そのハスが咲いたと地元紙に掲載されたので早速写しに行ってきました。
休日の午前中は古道客でいっぱいなので人が少なくなる午後3時ごろに現地到着。案の定人一人としていません。トンボがたくさん飛び交っていました。

ハスのつぼみで休息するナツアカネ。もうちょっと先っちょに止まって顔をみせてほしかったね。
 ↑
赤いトンボ→アカネ→時期的にナツアカネ と 短絡した考えでナツアカネと書きましたが、翅の基部の色合いからショウジョウトンボであるとコメントをいただきました。お詫びして訂正します。
コメントを下さったHさん、どうもありがとうございました。m(__)m



つぼみに止まったのを横から!
060720_2.jpg

花の上でセマダラコガネとツーショット!
060720_3.jpg

オオシオカラトンボも!
060720_5.jpg


昨年の巣立ち(アオバズク)
昨年の7月18日運よくアオバズクの巣立ち雛を見ることができました。中の三羽が雛、一番下がお父さん、一番上がお母さんでしょう。
雛3羽が寄り添ってをイメージしていたのですが、あいにく5羽がバラバラに止まっていて一枚の写真におさめることもままならない状態でした。とりあえず後ろに下がって記念撮影。その後は雛一羽に的を絞ってパチリ!
今年は6月9日に鳴き声を聞いただけで姿をおがんでいません。(ーー;)


060718_2.jpg


ミラーショック(サンコウチョウ)
サンコウチョウの巣立ちもそろそろ一段落した頃でしょうか。
今年も数回サンコウチョウを撮影する機会に恵まれましたが、いつも厳しい条件のもとでした。ISO400まで感度を上げてもSSが1/20より遅く、ミラーショックのぶれに悩まされました。三脚を2本使ってもブレが止まりません。数ギガバイト撮影して残ったのは数枚。
それでレンズの三脚座の改造を検討しています。今ついているステーからアルミプレートに取替え少しでも雲台とレンズの距離を縮めようと図っています。でも、このアルミプレートの値段がバカにならなんですよね。


060716_2.jpg

これは昨年のもの。幾分条件がよかったため今年より歩留まりがよかったです。(^^♪
060716_3.jpg


夏の高原(ノビタキ)
今年の霧の高原はニッコウキスゲでにぎわってきているでしょうか。2004年はニッコウキスゲは不作で期待した場面はありませんでした。でも、シシウドなど高原の花に止まってくれたりしてそれなりに楽しい遠征でした。
翌2005年は高原がオレンジ色に染まるほどニッコウキスゲでいっぱいになったそうですが、残念ながら遠征しませんでした。まあ、私らしいといえばそれまでなんですが。(^_^;)
では、2004年7月半ばのノビタキを数枚。(^^♪


060714_2.jpg

060714_3.jpg